■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50
16号線沿いの宗教法人霊波之光に気をつけよう。

84 :慧妙平成22年8月16日号邪宗破折レポート霊波之光その2:2010/08/17(火) 21:36:33 ID:vrx364cc0
M氏:どういう用件で、おいでになったんですか?
法華講員:私どもは、日蓮正宗の信仰をしておりまして・・・・・
M氏:宗教の教義的な論争については、立教以来、禁じられております。
法華講員:それはどうしてですか?
M氏:宗教はそれぞれの主張があるから、平行線なんですよ。
正しいと思うからお伝えするわけですし、平和を求めてきた人に対しては話します。
法華講員:霊波之光を信じると、どうなるんですか?
M氏:御守護神様に救いをいただいている人が、10人に1人、70%の人がいただいています。
法華講員:え、10人に1人と70%では数が全く合わなくないですか?
M氏:(無視して)御守護神様は、本当に人間を救うことができる神なんです。
法華講員:Mさんは何か守られた体験があるのですか?
M氏:信仰する前は病気で苦しんでいました。夜中に心臓発作や金縛りにあい、
神社に行ったりしましたが、1年半そんな状態で自殺寸前まで行きました。
その時に霊波之光のパンフレットを見て、導かれました。
そして、「救っていただきたい」と言いました。
すると「ここの神様は病気は治しません」と言い切られたんですよ。
法華講員:あれ!病気を治すのではないのですか?
M氏:病気というのは、その人に得られた結果でしょ。
いわゆる因果ですよね。
法華講員:あれ?因果を説くんですか?
M氏:日本人は昔から、病気が治らないと「因果な人ですね。」と言った。
つまり因果を抱えた人ということですよ。
要するにそれが結果なんです。
法華講員:???・・・・・でも病気が治らなかったら困りますよね。


61KB
続きを読む

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail(省略可)

0ch BBS 2006-02-27